東MAXさん来店!岡山放送「金バク!」

岡山放送の人気番組「金バク!」で、当店のドレッシングが紹介されました。

東MAXさんが、当店に取材に来られました。

店長が野菜のサンドイッチを作り、そこに当店のドレッシングをかけて、お二人に召し上がっていただきました。

 

山陽放送テレビ 国司憲一郎の『リンだRiNだ』

RSKテレビ 国司憲一郎の『リンだRiNだ』にて、当店が取材・紹介されました。

国司さんが、自転車で当店まで来られました。

 

テレビ岩手「5きげんテレビ」

全国お取り寄せ「すげぇ~もん」~岡山県の巻~に当店のドレッシングが紹介されました。

 

岡山放送「ニョッキン7」

人気番組「ニョッキン7」で当店が、番組大賞のニョッキングに選ばれました。

ドレッシングのおいしさと、あたたかいお店の雰囲気を評価して下さいました。

 

瀬戸内海放送「スーパーJチャンネル」

スーパーJチャンネル「街ネタ スクープマガジン岡山対香川 こだわりの専門店対決」で作家の岩下志麻さんが当店のドレッシングを選んでくださいました。

おいしいドレッシングと手作りのこだわりを評価して下さいました。

この番組では、毎回こだわりの店舗が対決し、岩下さんが判定を下します。

 

福島テレビ「サタふく!」

岡山県・ドレッシング工房CookHomeの無添加ドレッシング『真っ赤なトマト』18種類の素材を使った無添加ドレッシング。

素材のほとんどは生の野菜と果物。トマト・りんご・レモン・玉ねぎなどの天然素材をすりおろし、良質の植物性オイルを保存と美味しさのために最小限だけ使用。さらに、勝沼産無添加白ワインまで使う。

鮮度を維持するためスーパーなどには流通させない。売れる分だけを毎日作るので、長期保存のための添加物は一切使わない。

素材に熱処理をしないので、栄養素がそのままドレッシングに詰まっている。

色々な料理のソースとして使っても美味しい。他にも、和風の黄金色のゆずと中華風の金色のごまがある。

 

テレビせとうち「熱烈歓迎!家族的食堂」

テレビせとうち「熱烈歓迎!家族的食堂」でドレッシングが紹介されました。

「春野菜でヘルシーに」という特集で、ダイナマイトイシムラさんが新鮮な春野菜をもってドレッシング工房に来られました。

甘みと程よい酸味が調和したドレッシングを味わっていただきました。

 

山陽放送テレビ「元気一番 この店この逸品」

山陽放送で人気の国司アナウンサーがドレッシング工房に来られました。

ドレッシングの製造を取材され、サラダを食べていただきました。

「うわ!おいしい」と何度も言ってくださり、スタジオでもサラダにたっぷりドレッシングをかけて紹介してくださいました。

 

山陽放送ラジオ「ごごラジ 美味漫遊記」

美味しいものを紹介する「ごごラジ」のコーナー「美味漫遊記」。

岡山産の野菜や果物をたっぷり使用し、調味料はすべて無添加。
ドレッシングの容器としては、大きめの500mlです。

「ドレッシング工房」は、ドレッシングの専門店。
3種類だけですが、製造が追いつかないほどの人気ぶり。
一番人気は、トマト味。
トマトの甘みがしっかり感じられ、美味しいです!
濃厚だけど、後味はしつこくないので、いろんな食材にたっぷりかけて楽しんでみたい!!!
だから、大きな容器なんでしょうか。

私は、アボカド、福武さんは、エビに、水井さんのドレッシングをかけて頂きましたが、本当によく合う!
野菜や魚だけでなく、肉にも合うんですよ。
パスタやマリネにも使ってみたいドレッシングです。

 

小学館「岸朝子と楽しむ極上!お取り寄せこだわり調味料」

 

「日経WOMAN」ネットショッピングBest50「元シェフが作るドレッシング」

元レストランのシェフが手作りする岡山県のドレッシング専門店。

素材のほとんどが野菜と果物のすり下ろしとヘルシーで、添加物、化学調味料など一切不使用。料理のソースとしても利用できる。

「ドレッシングは最高に美味しい。下手な料理でもこれをかけると特別な一皿に」

 

「週刊女性」お取り寄せ 極上の「ソース」「タレ」「ドレッシング」

主婦の間ではもはや定番となった「お取り寄せグルメ」。

全国各地でこだわりの商品が生産され注目を集めています。

今回は「ドレッシング・ソース・タレ」のジャンルにしぼったおとりよせできる話題の商品を紹介。

 

「Mart」美味しい「お取り寄せドレッシング」がごちそう!

TV、マスコミにも多く取り上げられている話題のドレッシング。

極上の調味料として料理研究家岸朝子さんの本でも紹介されています。

 

「Woman Holiday」

保存料を使用しない、限定生産の人気セット

材料は、全てが国産で無添加。

すりおろしの野菜と果物が60%も入っているのでヘルシー&安全。

包装まで手作りにこだわり、一本一本に心が込められている。

1本~5本まで化粧箱包装が可能。

ホームページから全国に発送もできるので贈り物に最適。

 

「経済リポート」

自然素材にこだわったドレッシング

新鮮な野菜と果物、ブドウから作る酢や天然糖など自然素材にこだわった手作りドレッシングが口コミで注目を集めている。

17種類の野菜・果物を使用した「真赤なトマト」と15種類の「黄金色のゆず」。いずれもたっぷりサイズの500ml入り。保存料、着色料などは一切使用せず、オイルの含有量も全体量の10%程度と健康志向。ジューシーでまろやかな甘みとさっぱりした味わいが特徴だ。

同じ場所で昨年3月までランチタイムだけのレストランを経営していたが、体調を崩しやむなく休店。以前からドレッシングを分けてほしいと要望があったことから、奮起してドレッシング販売だけに特化して今春再オープンした。

「店売りの他に全国に宅配しているが、大きく商いしようなんて思ってないんですよ。それよりも喜んでもらえるのがうれしい」と顔をほころばせる。

地元岡山の上場企業「サンマルク」の本部総料理長を務めるなど華々しい経歴からは想像できないほどおっとりとした雰囲気で、豊富な料理レシピをもとにドレッシングの応用などをアドバイスしてくれる。

 

「日刊YellowBook」

こだわりの味をあなたも!噂のドレッシング専門店

おいしいドレッシングのお店として噂の「CookHome」。

なんといってもコチラ、こだわり方がハンパじゃないのです。素材のほとんどが生の野菜と果物。林檎、檸檬、玉葱など20種類近くもの天然素材を絶妙の分量ですり下ろし、オイルは限界までカット。

これがミックスジュースのようなすりおろし系の舌ざわりと、あっさりまろやかなコクあり系の美味の秘密です。味に深みがあるからサラダのみならず、魚料理、肉料理にも使えるというツワモノ。

さらに保存料・着色料・化学調味料は無添加。天然糖や無添加白ワイン、本醸造醤油を使用と、徹底的に自然素材を追求。すべて工房直販なので新鮮さはピカイチです。あなたもお試しあれ。

 

「タウン情報岡山」

自然の味に徹底的にこだわった健康志向のドレッシング

新鮮な野菜サラダに、ヘルシーなドレッシングはいかが?

こちらは野菜やフルーツをたっぷりと使った、まろやかで甘みとコクのある味わいが特徴。さらにブドウだけで作ったワインビネガーや天然糖を使うなど、自然の旨みにこだわる。

保存料、着色料などを一切使わなくても、生の状態で3ヶ月の賞味期限を保証できるのは、毎日鮮度に気を使い、一本一本丹念に手作りされているからこそ。

 

山陽新聞

山陽新聞けいざいウォッチング「ドレッシング販売に力」に、店長の写真とともに当店ドレッシングが紹介されました。

 

トリニティ「生命エネルギーを上げるドレッシング」

ドレッシングをつくるのは、水井政三さん。銀座トリコロール広島店厨房長を経て、ベーカリーレストランサンマルクで料理長として調理・メニュー開発を担当。株式会社サンマルク本部総料理長、取締役商品部長として全国のサンマルクを指導したご経歴をお持ちです。
すべてシェフ一人の手作りで、一日限定50本しかつくれない、究極の無添加ドレッシングです。
市販のドレッシングではあり得ない高級無添加素材と野菜や果物を豊富に使った原価ギリギリのドレッシングで、シェフがドレッシングの製造からボトル詰め・ラベル張りまでを、すべて一人でこだわって行なっています。品質の管理、安全性はいつも最高度に保たれ、天満屋百貨店やナチュラルローソンでも、こだわりの無添加ドレッシングとして販売中です。

水井さんは、美味しくて毎日使えるドレッシングを開発するため、市販のドレッシングを徹底的に調査したそうです。
「ドレッシングは酸っぱくて美味しくない……」
「ドレッシングの添加物が心配……」
「いつも最期まで使いきれない……」

市販のドレッシングは、基本的にほとんどがオイルや酢からできていて、ノンオイルの場合は、酢が中心ですが、市販のドレッシングの多くで使用されているのは、やはり安価なオイルや酢がほとんど。それだけではありません。市販のドレッシングは、「調味料アミノ酸」などの化学調味料が使われている商品が圧倒的に多いのです。着色料、香料、増粘安定剤などの添加物が使われているものもあり、特に増粘剤は、かなりのドレッシングに使われています。そんなドレッシングでは、健康のためにサラダを食べようと思っても、身体が拒否をしてしまうのです。

このような素材を使っているドレッシングの場合、どんなに身体の為にいい野菜料理を食べようと思っても、ドレッシングが健康効果を帳消しにしてしまいます。
かといって、自家製のドレッシングを作るには手間もかかるし、なかなか美味しいドレッシングを作るのは難しいもの。水井さんが目指したのは、可能な限り良質な素材を使い、それでいて圧倒的に美味しいドレッシングです。
そのために、以下を重点的に決めたそうです。

・安価なオイルを多量に使わない
・安価な酢を多量に使わない
・化学調味料を一切使わない
・保存料や着色料などの添加物を「原料に至るまで」一切使わない
・新鮮な生の野菜と果物をたくさん使う

もちろん、原料にこだわればこだわるほど、原価が跳ね上がり、高額なドレッシングになってしまいます。高額なドレッシングでは、とても毎日の食生活に使うことはできません。水井さんは採算をぎりぎり超えない、でも、材料を妥協しないドレッシングをつくりあげました。

水井さんは、様々な野菜、果物をひとつひとつ精査しながら、ドレッシングの材料を決定していきました。
トマト、パセリ、ほうれん草、リンゴ、パイナップル、オレンジ、レモン、ゆず……配合をさらにブラッシュアップしていきます。新鮮な野菜と果物をひとつひとつミキサーにかけ、酸っぱすぎず、甘すぎず、マイルドでコクがあって、旨みがある、最高の野菜と果物の配合を追求したそうです。

天然の調味料にもこだわっています。
てんさい糖、三温糖、黒糖、天然塩、一番搾りのごま油、菜種油、紅花油、天然葡萄酢……原価を度外視し、天然で最高級の調味料を使っています。

・醤油は、安価な醤油ではなく、「本醸造醤油」
・酢は、安価な酢ではなく、「加茂の名水仕込のリンゴ酢」と「ぶどう酢」
・オイルは、菜種油や「純正ごま油」
・砂糖は、白砂糖ではなく、なんと黒糖に匹敵するほど高価な「きび砂糖」
・塩は、精製塩ではなく、「天日海塩」
・保存料無添加の白ワインや赤ワイン

その他、秘伝の天然調味料をふんだんに使い、「調味料も無添加であること」を徹底しています。
もちろん、新鮮な野菜や果物をたっぷり使い、酵素が生きたままで、オイルと酢の配合の妙によって、生ドレッシングに仕上げています。

水井さんは、長年料理の世界で培ってきた技術を、一本のドレッシングに注ぎ込んでいるのです。
たくさんの野菜や果物の皮をむき、下ごしらえをしてミキサーにかける。天然調味料を配合して、自分の手で撹拌していく。
「自分の手でやらないと、微妙な空気との混ざり具合などの感覚が分からないんですよ」
と水井さん。体にいい無添加素材を惜しみなく使い、このドレッシングは遂に完成したのです。
「大量生産をするつもりはありません。毎日少ししかできませんが、このこだわりを、このドレッシングを本当に愛してくれる方達にだけお届け出来ればと思います」。

野菜と無添加ドレッシングの力で、健康を手に入れませんか?
あなたの食生活に、ビタミンやミネラルがたっぷりの新鮮なフレッシュ野菜をもっと取り入れたら、人生が劇的に変わるかもしれません。

・以前より疲れなくなった
・同年代の友人から、「あなただけ年をとらない」と言われる
・仕事への活力がみなぎってくる
・頭の回転が速くなり、物忘れやなどがなくなる
・健康的になり、病院とは無縁の人生に
・運が良くなり、願い事が叶いやすくなる

新鮮な野菜が秘めるエネルギーは、もしかしたら、これらのことを本当に実現してくれるかもしれません。最高に美味しく野菜を食べることのできる究極のドレッシングで、野菜の力を最大限に引き出しませんか?

 

「All About 産直品サイト」

噂のドレッシングとハーブサラダ

喫茶店のミックスジュースってありますよね。

このドレッシング、トロトロ感がそんな感じなんです。

工房があって、そこで手作りされたものですが、保存料などを使わず、フルーツや野菜を何種類も使ってつくり上げたもの。

その絶品ドレッシングを、ビタミンた~っぷりのハーブと合わせ、身体の中からキレイになろうと、というかなりたいな…と、もくろんどるわけです。